旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

ホンダサービスマニュアル宅配買取・RVF400RR(NC35)

i-img800x600-1560738568gkgbky801

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

 

先日の「鈴鹿8耐」はカワサキが優勝しましたよね。

カワサキは最後2分ほどというところで、20秒ほどもリードしていたそうで誰もがカワサキの優勝を疑わなかった時、S字コーナーにて他車の撒いたオイルにて転倒、、、そして結果は1位カワサキは失格、2位のヤマハが優勝となってしまったそうです。ですが、その2時間後、カワサキが優勝と覆りました。細かな説明は省いてしまいますが、個人的に誰もが認める結果となった今回の8耐は素晴らしいレースだったと思います。

さて今回は、ホンダRVF400RR(NC35)のサービスマニュアルを買取いたしました!

状態の方も比較的に良く、査定額は2500円で買取いたしました。

○RVF400RR(NC35)のいいところ

・エンジンが頑丈でも壊れない
・良く曲がり、よく止まる
・加速性がいい
・燃費がそこそこいい
・スタイルがかっこいい
・独特のエンジン音
・車体が軽い
・低速のトルクもあって乗りやすい

○RVFの特徴

レーザーレプリカモデルのホンダRVFは、1994年1月頃に発売されました。
VFR400Rがモデルチェンジして登場したもので、RVFには「NC35」という型式が与えられています。

400ccクラスのワークレーサーだったRVF400が活躍した「TT F-3」というクラスは、NC35が登場した時にはすでに終了してしまいます。

正確には400ccレーサーのレプリカではありません。

1994年1月に限定発売された750ccクラスのレーサーレプリカが、RVF/RC45の中排気量版レプリカです。
カウルデザインからもわかりますね。

排気量399ccの水冷4スト90度V型4気筒DOHのエンジンは、1982年にデビューしてVF400F以来受け継がれてきました。

NC13E型で、RVFでは吸排気の効率を高める方向に変更されています。6速ミッションのうち、3速をローレシオ化することによって扱いやすくしています。

クラッチプレートの枚数もこれまでの10枚から9枚に減らすことにより、操作や負担を減らしています。

フロントフォークは倒立タイプで、フロントブレーキは異径スポット対向キャリパーが採用されていました。

1996年には色が変更されて仕様が最終的に定着しました。

尚、ホンダによる正式なモデル名は単に「RVF」ですが、750ccのRVF/RC45と混乱しないためにも、バイクプロスではRVF400とNC35も記載しています。

○サービスマニュアル・整備書買取ならカタログCASHまで

カタログCASHでは、ホンダなどバイクのサービスマニュアル・パンフレット、資料等を1冊からも買取致しております!

点数が多くなれば査定額もUPいたします!

旧車資料買取ならカタログCASHへ。