旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

カワサキ旧車サービスマニュアル買取ならカタログCASHへ

IMG_3260

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

バイクを好きで乗る方はご自身でメンテナンスされる方も多いと思います。もちろん、バイク屋・整備工場にお願いするのは間違いありませんが、自分でメンテナンスするからこその面白みもあるのではないでしょうか。そんな時に必要になってくるのが

「サービスマニュアル(整備書)」や、

「パーツリスト(パーツカタログ)」です。

旧車は特に日々のメンテナンスを必要としますので、整備書は必需品です。そのため必要とされている方も多いので、ご不要になったりしましたら捨てずに、専門店の当店で買取いたします!

さて、今回はバイクの紹介と、買取金額を一部紹介いたします。

○Z1000

Z1000(ゼットせん)シリーズと言えば、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが販売しているロードスポーツタイプのオートバイです。

1970年代後半から1980年代にかけて発売された空冷エンジンのZ1000A型と、2000年代に発売された水冷エンジンのモデルです。

しかし、1000ccクラスの並列4気筒DOHCエンジンを搭載するロードスポーツモデルというカテゴリー以外は、共通点はあまりないです。

○Z1000A

Z1/Z900のマイナーチェンジとして誕生しました。

エンジンの基本的な造りは一緒ですが、クランクシャフトやクランクケースの強化などのブラッシュアップが施され、フレームを強化しました。

4本マフラーも2本マフラーになり、リアブレーキもディスク化したのが見た目から分かります。

車名はZ1000でも、混乱を避けるために型式を使って「Z1000A1」と呼ばれています。
ちなみに映画「マッドマックス」では、ジム・グース愛機のイメージモデルにもなりましたよ。

○Z1000J

1980年に発売されたバイクです。
フレームは新しい設計で、エンジンは大規模なフラッシュアップを搭載。
排気量はレースの規定に合わせて998ccにしています。

○Z1000(J2)

Z1000(J2)は、Z1000R1のベースにもなったZ1000Jのいわば2世代バージョンです。
北米向けと欧州向けでは、タンクなどの外装のデザインが異なっています。

エンジンは「Z1000P」というカリフォルニア州警察に公式採用されたポリスバイクと同じエンジンです。

ポリスはその後、21世紀までカワサキリンカーン工場で生産が続いたので、アメリカには補修部品がたくさん残っています。

などなど、Z1000シリーズのサービスマニュアルでしたら4000円で買取いたしております。

カタログCASHでは、カワサキはもちろん、他の人のメーカーの古いバイクを中心とした資料を取り扱っています。

サービスマニュアルやパーツリスト、カタログをメインとして買い取っていますので、古くてもご相談ください!

10冊などまとめてお売りいただいても構いません。
基本的には宅配買取で受け付けていますので、大量の資料でも来店不要ですので売却をお考えの方は是非カタログCASHへ。