旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

トラックカタログ宅配買取 マツダポーターキャブ

i-img800x600-15680137624arn8d816

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

F1世界選手権第15戦シンガポールGPの決勝が、2019年9月22日、シンガポールのマリーナベイ・ストリートサーキットで行われたそうですね。

セバスチャン・ベッテルが、シンガポールの市街地コースはターンが多いため苦戦するだろうと思われていたところを覆し、予選3位からピットストップのタイミングでアンダーカットを成功させて今季初優勝したのだとか!

さて今回の買取は、マツダポーターキャブのカタログを1冊1500円にて買取致しました!

ポーターキャブは愛嬌のある表情にマツダのロゴマークが印象的。

●マツダ・ポーターキャブ

登場したのは1969年3月のこと。
エンジンは空冷直列2気筒2ストローク360ccで、ブリヂストンサイクル出身のエンジン技術者が開発しました。

4ストロークエンジンが主流だった歴代マツダ製レシプロエンジンの中でも、ポーターキャブは希少な2ストロークエンジンでした。

1970年にマイナーチェンジをします。

ドアウィンドウが「引き違い式」→「巻き上げ式」に変わり、フロントベンチレーターも追加します。

外装の色は白から黄色にチェンジ。

●ニューポーターキャブ

大幅に変わったのは1977年8月のことです。

社名もポーターキャブから「ニューポーターキャブ」となりました。
エンジンは550ccにグレードアップし、ボディは軽自動車の新規格に合わせて一回り大きくなります。

ヘッドライトベゼルも丸形から角丸四角形状に変更になります。一方開きは廃止し、三方開きのみになります。
ただしエンジンは量産規模の制限があり、マツダ車製エンジン開発は諦めることになります…。

ポーターキャブはこの550ccのビッグマイナーチェンジを経験したものの、約20年に渡ってモデルチェンジされることなく生産されました。

1989年には販売終了になります。後を継いだのがスズキのキャリイのOEMを受けたスクラムです。

●旧車カタログが眠っていたらカタログCASHまで

家に旧車資料のコレクションは眠っていませんか?
カタログCASHはご依頼者様に満足いただけるよう努めております。

量が多くてお困りの方や、状態が悪く捨ててしまおうとお考えの方は是非当店へご相談くださいませ。

ご依頼者様がこれまで大事に集めていらしたコレクション性を高く評価いたしておりますので、まとめてのご依頼も大歓迎いたしております。

もちろん1点からでも買取対応いたしております!