旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車カタログ宅配買取 トヨタ センチュリー/GZG50/VG40/VG30/VG20など

i-img800x600-1571043786tmdnco43505

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

あけましておめでとうございます。

本年もご依頼者様にご満足いただけるよう努めて参りますので何卒よろしくお願いいたします。

さて、今回買取いたしましたのは「トヨタセンチュリー」のカタログ9冊です。

ご存知の方がほとんどだと思いますが、センチュリーはトヨタが販売している最高級乗用車ですよね。

歴代のセンチュリーのカタログ9冊のセット、ということでしっかりと評価させていただきました。

今回の買取金額 計9冊 1800円!

状態が少し悪かったのですが、コレクション性も評価致しました。

 

トヨタ センチュリーについて

2018年6月にフルモデルチェンジをおこない、3代目となる新しいモデルが誕生しましたね。

「センチュリー」の名前の由来

センチュリーは英語で「世紀」という意味です。

初代モデルが登場したのは1967年のこと。トヨタグループの創設者の豊田住吉の生誕から、ちょうど100年を迎える時期でした。

そのことからも、100年(1世紀)にちなんで「センチュリー」と名づけられました。

これって本当?センチュリーにまつわる都市伝説

センチュリーには複数の都市伝説があり、本当か嘘か紛らわしい情報があります。

例えば、センチュリーがあまりにも高級な車ということで「普通の人は買えない」という伝説です。

確かにセンチュリーは政治家や実業家が乗っていそうなイメージがありますよね…。
しかし開発者によると、「どなたでも購入できます。」とのこと。

とびきりのお金持ちにしか買えないという都市伝説は、あっさり否定されました。

センチュリーは確かに高級なので、一般の人には買えないといった噂が出てもおかしくはありません。
というのも、先代型のセンチュリーは1253万8286円で、ニューモデルは1960万円でさらに高くなります。

申し込みの時に手付金が必要なのですが、その額は100万円!
手付金100万円が購入の条件になるため、富裕層にしか買えないといったイメージが先行してしまったのではないでしょうか。

センチュリーが高いのは事実です。しかも新型の生産台数は1カ月たった50台に限っています。

自動車カタログ買取ならカタログCASHへ!

カタログ、サービスマニュアル、パーツリスト、電子カタログ、雑誌などなど、自動車に関する資料ならすべて買取対応いたしております!

また、状態が悪いものでありましてもご相談に乗れますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

1冊~数千冊以上でも買取対応いたしております。

大量の場合も是非当店へご相談くださいませ。