旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車カタログ宅配買取 2000メダリストなどを中心とした日産ローレルのカタログ買取

i-img800x600-1566189248ruthlv1053

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

三菱自動車が東京モーターショー2019において、スモールサイズの電動SUVのコンセプトカーを世界初公開すると発表したそうですね。コンセプトは「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」、「日常において安心・安全で意のままの走りができるのはもちろん、アウトドアシーンでの未舗装路や悪路においても、誰もが自信をもって一歩先まで踏み込める、電動SUVがもたらす新感覚の走行体験」を提供するというものらしいですね。国内のEV車も続々と発表されておりますので非常に楽しみです。

さて、今回は日産ローレル ハードトップ2000メダリストなどのカタログを18冊2500円にて買取いたしました!

日産・ローレルは国産車の歴史の中でも外せないモデルです。初代から最終まで全8代も続いた人気の車種です。

●法人車としてニーズが高かったローレル

ローレルは1968年~2002年まで生産・販売されていました。日産のミドルクラス4ドアセダン、4ドアハードトップで、排気量は1800cc~2000ccです。

現在ローレルはないですが、当時は日産の小型車の中で最も価格が高かったようですね。

1968年にデビューした時、日産の最高級車は普通自動車のセドリックでしたがローレルは主に法人の需要が高く、一般消費者はあまり選ばなかったそうです。

ハイオーナーカーのブームのきっかけとなり、初めて小型車の中で高級車を確立。

ちなみに1980年代から最終モデルができるまでのライバル車と言えば、トヨタ・マークⅡやチェイサー、クレスタですね。

●ローレルの登場でハイオーナーカーが盛んに!

ローレルは「ハイオーナーカー」の先駆けになった車でもあり、階級的には日産のブルーバードとセドリックのクラスの間に位置します。

セダンは排気量やボディサイズだけで分類分けされていましたが、日産はライフスタイルやボディスタイル、カーライフ、コンセプトにまで注目し、差別化しました。その後の高級乗用車のスタイルを切り開いたのはローレルがきっかけだったといいます。

他のメーカーにも多大な影響を与え、その後高級な小型自動車が生まれました。

●「ローレル」の由来

ローレルというと料理の風味づけに使われるローレルを思い出す人もいるかもしれませんね。

英語では「月桂樹」「月桂冠」の意味があります。ギリシャ神話に出てくる高貴な樹木です。月桂冠は名誉ある地位を象徴するものです。

●旧車のカタログがあればカタログCASHまで

カタログCASHでは、旧車カタログを1点から買取いたしております。もちろんたくさんあればまとめてお売りいただけます。

点数が多い程査定額もアップしますのでまとめての売却をお勧めいたしております。
お気軽にご連絡くださいませ。