旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

輸入車カタログ宅配買取 BMW1シリーズ 3シリーズ 5シリーズ 7シリーズなど

i-img800x600-1567398539gcb1gb268

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

BMWは、ドイツの自動車メーカーで、国内・輸入車の中ではメルセデスベンツのライバル車といってもいい位置づけのメーカーなのではないかと思います。

今回は、その「BMW」のカタログを約30冊1000円にて買取いたしました!

当店の買取実績でもある通り、1点ではなかなか評価しづらいものでも今回のようにまとめてのご依頼でしたらしっかりと評価させていただける場合も多数ございます。

また、古いものはカタログだけではなくチラシや付属のオプションパーツカタログ・アクセサリーカタログなども買取対応いたしております。

BMWについて

1916年創業の歴史の古いメーカーで、車だけでなくバイクや航空機用のエンジンも作っていた総合力の高いメーカーでもあります。

BMWは、とにかくスポーティーなところが魅力だと思います。アクティブ性の強い車が好きな方でしたら、BMWの雰囲気にきっと惹かれるのではないでしょうか。高級車だけではなく、大衆車までラインナップを広げています。共通しているのは運転を楽しくできることです。

「楽しんで運転できること」を重視するBMW

BMWと並ぶベンツはどちらかというと華やかなデザインものが多く、運転を楽しむというよりは、ゴージャスで快適な乗り心地を重視しています。

アクティブ性を強調しているBMWとは、少し路線が違うかもしれませんね。BMWはスポーティーなモデルが多く、若々しく走行を楽しめる印象です。

ベンツとBMWのステータスの違い

実は、ベンツとBMWが表すステータスには大きな開きがあります。ベンツの所有者は年齢層が高く、50代以降のオーナーが多い傾向にあります。

その一方でBMWは、車を運転するのが好きなオーナーが多いと思います。自ら運転することを想定して選んでいるため、所有者の年齢層も30代~40代と、ベンツと比べると若い層になります。

何気にエコカーも多い!

スポーティーなイメージがあるBMWですが、実は電気自動車やハイブリッドカーといったエコカーも出しています。ハイブリッドカーは最近珍しくないですが、BMWは比較的早い時期から導入していて、先駆けともいえます。

それでは、BMWの特徴を今一度振り返ってみましょう。
・若々しい
・パっと見てBMWと分かるアイコン「キドニーグリル」
・エコカーのラインナップも多い
・ステータスを感じる
・スポーティー

BMWはただ高級というだけではなく、スポーティーで若々しいイメージ、そして環境にも気を配っているのが魅力的です。

BMWをはじめ、外車・輸入車のカタログ買取ならカタログCASHへ!

カタログCASHの強み

当店はご依頼者様にご満足いただけるよう心がけており、マニュアルに沿った査定ではございません。

市場価格により多少変動してしまうこともございますが、その分査定においては「コレクション性」なども評価させていただいております。

1点からのご依頼でも承っておりますが、まとめてのご依頼でしたら査定額も変わってきますので、まとめてのご依頼をお勧めいたしております。

自動車のカタログ買取ならカタログCASHへご相談くださいませ。