旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

マツダトラックカタログ買取 D1100/D1500/T1100など

i-img800x600-1574053381z29haj317155

旧車カタログ宅配買取専門店「カタログCASH」の大池です。

今回は、マツダトラックD1100/D1500/T1100などが掲載されておりますカタログ4冊を2800円にて買取いたしました!

かなり古い全日本自動車ショーのものでしたが保存状態も良かったためしっかりと評価させていただきました。

ちなみにトラックカタログは一般車よりも評価の高いものも多く、中でも「ふそう」のトラックは評価の高いものが多い傾向にあります。

他にも評価店「カタログCASH」の大池です。

 

今回は、マツダトラックD1100/D1500/T1100などが掲載されておりますカタログ4冊を2800円にて買取いたしました!

かなり古い全日本自動車ショーのものでしたが保存状態も良かったためしっかりと評価させていただきました。

 

ちなみにトラックカタログは一般車よりも評価の高いものも多く、中でも「ふそう」のトラックは評価の高いものが多い傾向にあります。

他にも評価できるトラックカタログは多数ございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

マツダ(東洋工業)のトラック

日本が高度成長期に移行しつつあった頃、快適な4輪トラックのニーズが急激に伸びていきました。1950年から小型4輪トラックを生産していたマツダは、このチャンスを逃しませんでした!

険しい道や酷使にも耐えらえるような、丈夫で小回りのきく1トン積みモデルを誕生させたのです。

マツダトラックの魅力

・小回り
・力強さ
・丈夫

とにかく「パワフル」ということですね。
重量にも酷使にも適応できる、頼もしいトラックを生み出しました。

D1100とD1500がマツダの代名詞?

1959年には革新的な水冷4気筒OHVエンジン搭載のD1100(1トン、46馬力)とD1500(1.75トン、60馬力というハイクラスのトラックを世に送り出します。

並外れたパワーが注目され、前年は約たった4%だったシェアが、1959年には約10%にも伸びました。

マツダのトラック部門の中で、D1100とD1500はマツダは代表的なモデルとして成長していきました。

そこからさらにモデルを発展させていきます。

日本国内ではやがて人気が落ち着いてきましたが、外国ではマツダのBシリーズが確固たる地位を築きました。マツダトラックは世界にも認められたのです。

そのシンボルとなるのが、2006年バンコク国際モーターショーに出品され、順調にスタートした新型ピックアップトラックBT-50です。

直噴ターボディーゼル搭載なのが特徴です。

2007年になると、タイランド・カー・オブ・ザ・イヤーの1カテゴリーである「2500ccベスト・ハイリフト・ピックアップ・トラック」賞まで獲得するに至りました。

旧車カタログの買取ならカタログCASHへ

当店ではトラック以外にも、一般車、バス、タクシー、教習車など自動車に関する資料・カタログなどは全て買取対応いたしております!

ご依頼者様に安心いただけます様、多数の買取実績や、販売実績をもとに専門のスタッフが査定いたします。

1点~数千冊などの大量のご依頼も承っておりますので、旧車資料買取ならカタログCASHへお任せください!