旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

旧車のカタログ・サービスマニュアル・パンフレットの出張・宅配買取専門店

自動車カタログ宅配買取 三菱自動車ランサーエボリューションシリーズ

i-img800x600-1579494288ti6fzy699062

旧車カタログ買取専門店「カタログCASH」の大池です。

今回はスポーツカー好きのご依頼者様より自動車カタログを買取させていただきました。

三菱ランサーエボリューション カタログ

I~Xやファイナルエディションなど 計35点

査定金額 5000円

保存状態も良く集められていた方の愛着も感じましたので、コレクション性としても評価をさせていただきました。

ランサーエボリューションについて

三菱のランサーエボリューションは、1992年9月に初期のモデルが発売されました。
それから24年間は競技やレースで使われるだけでなく、最後にはカタログモデルとなって登場し、9年にも渡って製造されました。

新しい車種の戦闘力を上げるためにも、競技の規則を変えたこともありました。

500万円以上にも及ぶ高級なモデルも出ましたが、ランサーエボリューションのブランドに憧れを持ちつつ、なかなか機会がなかったドライバーにとって、まさに最後のチャンスとなったのです。

●ランサーエボリューションXはシリーズ上最も大きくて重い

ランサーエボリューションXが発売されたのは、2007年4月26日のことです。
ちなみに同時発売されたベース車の名前は「ランサーエボリューション」ではなく「ギャランフォルティス」でした。

以前のランサーエボリューションより大きめで、シリーズ史上最も大きくて重い車体でした。

いかに最先端のエンジンや電子制御デバイスとはいえ、今まで競技など数々のステージでランサーエボリューションを愛用してきた利用者にとって、大柄なランサーエボリューションXを扱うのは戸惑ったでしょう。

JAFの競技車両規則では、年式が新しい車については車重の制限が甘くなり、新しい車に更新することを促すきっかけにもなりました。

●ランサーエボリューションファイナルエディションで販売終了

ランサーエボリューション ファイナルエディションは、名前にエボリューションXはつかないものの、事実上はエボリューションシリーズの最後の車です。

ランサーエボリューションとしてだけでなく、日本市場における三菱セダンの歴史も、「これで終わり」という意味で完売しました。

2016年4月には納車し、ランサーエボリューションの歴史はついに幕を閉じたのです。

旧車資料買取ならカタログCASHへ

カタログCASHでは旧車をはじめとする、自動車・バイク・トラック・バスなどのカタログを中心に買取いたしております。

他にも、サービスマニュアルやパーツリスト、グッズ、雑誌などなど自動車に関係するもの全般買取対応いたしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

また、ご依頼品の数量によって宅配買取・出張買取などにも対応いたしております。

お困りの場合は是非一度ご相談くださいませ。